税込8000円以上のお買い上げで送料無料

災害は起こる前に備えて

いざ災害が起こった時に「ああしておけばよかった!」と思う事はたくさんあります。
いくら対策していても完璧に被災後の様々な不自由をクリア出来るわけではありませんが、準備があるとないとは大違い。
ちょっとした準備がいざというときは大きな差になります。

備蓄や家屋の整備で、どのようなことを準備していったら良いでしょうか。

非常食・飲料水の備蓄

これは基本中の基本。

まず食べられなくては当座の命をつなげませんし、支援がくるまで時間がかかることもあります。

非常食はどれくらい用意すればいいのか

避難用グッズの準備

ヘルメットや非常用持出しセットの準備は勿論大切。

いざというときにスムーズに使えるかどうか、必ずリハーサルを定期的にしておくことも大事です。
自宅だけでなく、車にも非常用グッズは積んでおきましょう

自宅の耐震を高める

耐震工事もできれば施した方がよいです。
特に古い建物や日本家屋は一度総点検して直せるところは直しましょう。
予算上なかなか厳しい人もいるかもしれませんが、出来るところ、緊急度の高いところからでも手をつけておくに越した事はありません。

また、家具を耐震マットやジェルで固定しておくのも大事。
自分で工事が勝手にできない官舎や社宅住まいの方にも大事な事です。

信頼出来る業者さんとの繋がりを作る

地元で信用のおける工務店やリフォーム業者、建築業者さんを探し、繋がりを大切にしましょう。
いざ自宅が損壊してから初めて探したのでは、既に依頼が殺到してどうにもならないこともあります。
普段から良いおつきあいをしておくことが大事です。

良質な業者さんであればあるほど、仕事の質は勿論、良質な業界内の繋がりを持っておられます。
本業の作業はもちろん、「こんな補修を頼みたいのだけれど」と相談すると、また良質の業者さんを紹介してもらう事も出来ます。
このように、良い繋がりがどんどんできると、様々な事態に対応してもらいやすくなります。

ペットを飼っている人は、災害時の預かりを頼める先を複数確保しておきましょう。
特に飼い方の難しいもの、珍しい動物を飼っている人は飼育仲間との普段の交流や情報交換を欠かさないことが大切です。

地震保険は必ずかける

「ここ地震きたことないから保険いらないよねー」という油断は禁物。
ひとたび災害が起こると、全壊の時はもちろん一部の破損でも出費が大変。

かならず地震保険はかけましょう。

避難場所の確認

自宅にいるとき、職場や学校にいるときと場合に応じて、避難場所は確認しておきましょう。
避難場所は一カ所ではなく、複数調べておくことをおすすめします。

避難所はまずどこに行けばいいの?

災害時のマニュアルを作る

特にこれは企業や学校等の組織で大事な事です。
社屋の点検から備蓄品の運用、仕事に出られない人の振替まであらゆる可能性を考えて作りましょう。

企業が行うべき震災への危機管理

災害対策を考えた物件選びをする

賃貸の住居から飲食店やアパレルなどの店舗が入居するビルまで、住居や店舗を借りる時はオーナーや管理会社の防災対策の意識が高い所や、地盤のきちんとした立地を選びましょう。
賃貸だと自分の一存で根本的な耐震工事等は出来ないですからね。

飲食店の地震対策



避難用の非常用持ち出しセット

カートに入れる

便利な災害対策グッズ

災害対策豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」