税込8000円以上のお買い上げで送料無料

被災地になにかしてあげたい!でも…

ニュースで大規模災害の映像を見た時、家を失った人の姿を見て、何かしてあげたい!何か送ってあげたい!
その善意は一見よいことに思えます。

でも、自分の善意だけで何も考えず送ってしまう前に、一歩立ち止まって考えてみましょう。
「善意」なら、相手の迷惑になってはいけないものですし、送ると迷惑になるものは沢山あります。

古着、使い古しのものを送っていいの?

これは大災害のたびに論争になりますね。

家で余っている古着等を送る人はたくさんいます。

でも、現地はまだまだ混乱している時、ぐしゃぐしゃの臭くて汚い古着を送られたらどうでしょうか?
よけいみじめな気持ちにさせてしまうのではないでしょうか。

また、 現地では役所やボランティアの人が、送られた支援物資をいっぱい仕分けしています。

そんなときに、とても着られない服を沢山送られたら、仕分けの手間を無駄に増やしてしまいます。
ただでさえ、災害直後はするべき仕事が課題になりやすいのです

なので、自宅にある古着をとにかく送る!というのは控えた方がいいです。

もし、どうしても送りたい、というのでしたら、最低でも以下の条件は守りましょう。

・臭かったり穴が開いているもの、汚れ染みがあるものは送らない
・高価すぎるブランドもの、動き辛い服などはやめる
・きちんとキレイに洗濯済みのものを、サイズ別性別に分別して袋に入れる

また、送りたいときは最低被災地の自治体のHPの告知などを見て、今それは要る状況なのか?ということを冷静に確かめましょう。
最近は「間に合ってますから要りません」と告知されることも増えています。

親族や友人が被災者でしたら、要るものいらないものは本人に聞いてから送った方がいいです。

災害時にはちょっと…というもの

生理用品も災害時には大事ですが、布ナプキンは災害時にはお勧め出来ません。

断水になっていると、布ナプキンを洗うお水がありませんから使い捨てするしかありません。
それならば最初から使い捨ての生理用品を送った方がいいです。

その他にも、水洗いしないと使えないものは避けた方がよいでしょう。

被災地では使い捨てのものを送ろう

上記の通り、被災地では洗う水がないこともあります。

ですから何かと使い捨てのものが助かります。

おむつ(老人〜乳児用どれも)、生理用品、尿もれパッドや消毒用の手拭き、ペット用のシーツやトイレ用シートなどもあると助かります。

しかし、これらも場所を取りますのでむやみに送らないようにしましょう。
まず自治体やボランティア団体のHPをみて送れる状況なのかは考え、求める記述があれば規定に沿って送りましょう。

これは絶対被災地には送らないで!

何か物資を送っても、痛みが早いものだと現地に付く頃には腐ってる、では話になりません。
途中の道路などが寸断していたりで到着が遅れる事もよくあるのです。

なので、生ものは絶対だめです。

また、現地で何の役にも立たない千羽鶴や絵、自作のサムいポエムやアート気取りの工芸品や寄せ書き色紙などは論外です。

単なる自己満足にならないかどうかはよく考えましょう。

ものを送らないのも善意!

「じゃあ何を送ったらいいの?」とわからないときは、下手なものを送らないで現金にするのも良いです。

なかなか募金をしている団体も、どれがまともなのか見抜くのはなかなか難しいですが、日本赤十字など超メジャーな所が無難ではあります。

また、現地の自治体で直接義援金を受け付ける事もありますし、ふるさと納税するという手もあります。

「えーでもお金は変な事に使われない?」と心配な方で、比較的近くの地域に住んでおられるなら、献血もおすすめ。
献血なら、必ず人助けにしか使われないものですからね。


避難用の非常用持ち出しセット

カートに入れる

便利な災害対策グッズ

災害対策豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」