税込8000円以上のお買い上げで送料無料

災害の後にまず最初にすべきこと

ひとたび災害が起こると、その後に多数の手続きややらなければいけないことが待っています。
ただでさえ大変なことが多いのでうんざりすることが多いとは思いますが、その後の生活再建のためにも出来るだけ早く動く事が大事です。

どのようなことをまず最初にすべきでしょうか。

傾いた家からはとりあえず退避

家が全壊はしなくても、明らかに傾いていたり、見た目に大きなヒビが入っている時、マンションで柱の破損があるときはとりあえず非常持出し袋と貴重品(財布、スマホ、家の鍵、印鑑、身分証明書)を持って避難所に退避しましょう。
特に地震の場合は、後で余震が来たり、「今の揺れが前震で後で本震きた」という場合もあります。
また、水害で山間だと、土砂崩れの危険もあります。

後の事は状況がおちついてからで、最初はまず命を守ることを優先です。

家が無事だった人は

台風などでしたら、去って暫くは吹き戻しがあるので注意です。

地震ですと、後の余震の可能性がありますので暫くは用心し、倒れて困るものは床に置いたりジェルで固定するなどし、当面は寝る時に枕元に非常持出しセットを置きましょう。

けがをしていたら必ず手当

怪我の大小に問わず、病院に行って治療してもらいましょう。
特に頭を打ったりした人は必ず診察を受けましょう。

災害で負傷したら

持ち出せなかったカードや通帳は止める

被災地には窃盗をしにくる犯罪者も来ます。

倒壊した家の中や金庫を破ってまで金品を奪おうとする者も当然いますので、カード類で避難時に持ち出せず、後から取り出すのが難しい場所にあった場合はすぐに連絡して止めましょう。

携帯をなくしてしまい、周囲に公衆電話もない環境でしたら、人様にお願いして携帯を借りてでもやってください。

被災地では通帳無しでも身分証明できれば引き出せる措置がとられることもあります。

家の被害状況を撮影しておく

被害の重い人も軽い人も、必ずやっておくべきことは「被害を受けた後、極力早く現場の写真を残しておくです。
家に入れないような状況の人も、近くまで戻れるようになったら可能な限り早くやりましょう。
これは後々の地震保険などの算定や罹災証明書の申請に絶対に必要です。

罹災証明をとるために

また学生さんのご家族がいる場合は学費の減免ができるかどうかにも関わります。

また、マンション等集合住宅の場合は管理会社への確認も急ぎましょう。

無事の連絡は早めに

被災地外に実家などがある人で、携帯などの連絡手段が使える人はこちらから無事と、現地の状況および支援物資が要るかいらないかなどを早めに知らせましょう。
もし近所の人や友人で連絡手段を失った人がいれば、スマホを貸してあげるなどして連絡をとらせてあげればなおよいです。

災害直後は被災地外からの連絡がつかないことが多く、いらない心配をかけてしまいますし、正確な状況が被災地外に伝わらないと闇雲に動かれて混乱させてしまうこともあります。

親族や友人の住む場所が被災したら?

被害の算定・修繕依頼はとにかく早く!

災害の規模が大きい程、被災か奥の修繕にあたるリフォーム業者さんや建具屋さんへの注文は殺到します。

ツテのある人でもすぐにやってもらえないこともありますので、ガラスや屋根瓦の破損、壁に穴が開くなど住むのに影響が出てくるレベルの人は被害現場写真の撮影と同時にすぐ連絡をつけましょう。
深夜発生した災害でも、とにかく朝がきたら可能な限り早く連絡です。
また、目立った破損がなくても総点検の依頼はした方がいいです。
一日依頼が遅れると2ヶ月以上後回しになってしまうこともあります。

また、こうしたときに早めに頼める様、普段から信頼出来る業者さんとおつきあいをしておくことが大事です。

各種相談窓口の情報にアンテナを張る

ローカルTV局や、行政・自治体・官庁などの公式SNSや公式サイトで、随時様々な相談窓口の案内が行われます。

住むところから各種ローンの相談、様々な減免措置や各種届け出や免許の更新締切延長の有無等、様々な「知っているといないとでは大違い」な重大な情報がアナウンスされています。
災害のときにチェックすべき公式発表
TVやSNSが見られない環境の人は、避難所の掲示などをこまめに見ましょう。

とにかく被災地においては「何でも早めに相談する」「一人で抱え込まない」が大事です。

急がなくてもよいこともある

上記のことはなるべく災害発生後急いで進めた方がよいことですが、ただでさえやることが多いので優先順位は大事です。

後に回せる事は回す事も大事です。

被災後にやっておいた方がよいこと(急がなくてもよい編)




避難用の非常用持ち出しセット

カートに入れる

便利な災害対策グッズ

災害対策豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」