税込8000円以上のお買い上げで送料無料

水の出が悪い時期をどうやって乗り切る?

災害後、断水からやっと回復して水が出るようになったけれどどうも勢いが弱くて…と言う事もありがち。
ちょろちょろの水道ではなかなかお風呂やお料理も思うようには出来ません。

こうした事態は何故起こるのか、また水道の本格復旧までどのように対処していけば良いのでしょうか。

「微妙な断水からの回復」の原因

断水が解消されても十分に水がでない時は、どこかで漏水が起こっている可能性もあります。

大規模な災害である程、自治体の水道局も漏水場所をなかなか把握できない場合もあります。

まずはご自宅の敷地内で漏水が無いかを確認し、あれは早く修理業者を自分で頼みましょう。
マンションの場合は管理会社にすみやかに報告することが大事です。

そして公共の水道管の範疇であれば、自治体が要請した補修工事が進むのを待つしかありません。
しかし、もし道端で漏水箇所を見つけたら自治体にすぐ連絡しましょう。

自治体の方も災害時は仕事が多く、情報収集に手がまわりきっていないことも多いです。
漏水箇所の報告をこちらからすることで、どこが壊れているか把握しやすくなり補修作業も進みやすくなります。

備蓄水はまだとっておいて!

こうした「微妙な水道の勢い不足」の最中はまだまだ節水が必要です。
一時期出るようになっても、またどこかの漏水で止まることもあります。

ですから修理が完了したと公式アナウンスがあるまでは、断水のときに給水で汲みに行った水で、タンクに残っているものはまだ捨てたり使い切ったりせず、とっておきましょう。

飲める水の場合、お料理等は備蓄用ミネラルウォーターなどでなるべくすませましょう。

トイレの水も節約しておこう

結構大量の水を使うのがトイレ。
しかし流さないとそれはそれで不衛生です。

雨水や井戸水等、飲料に適さない水はこうしたところにどんどん活用していきましょう。

バケツで溜めておいて、用を足す時は飲料水には手をつけず、バケツの飲用に適さない水をトイレに流すのに使って節約しましょう。

カートに入れる

便利な災害対策グッズ

災害対策豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」