税込8000円以上のお買い上げで送料無料

火山への登山

日本は美しい山が多く、内外からの登山客が多く訪れます。
しかし、登山客に人気の山には、実は火山がたくさん。
突然噴火したらどうしよう?と心配なこともあると思います。

登山や観光をしているときの突然の噴火などに備えるにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは気象庁の公式発表をチェック!

火山活動が活発になってくると、入山規制などが行われることもあります。

こうした情報は随時気象庁から公式発表されますので、レベル3(入山規制)がされている火山は絶対登らないようにしましょう。


シェルターや山小屋の対応は?

これほど火山が多い国にも関わらず、残念ながら日本の火山対策は十分とはいえません。
活火山でも、シェルターが設けられている山は浅間山や有珠山、阿蘇山や霧島山などわずか12カ所しかないのです。

ヘルメットを置いている山小屋も少ないのが現状で、2015年の御嶽山の噴火後は鳥海山など多少ヘルメット備蓄が進んだ山もありますが、まだまだ不十分です。

ですから、現状ではなるべく自己責任で、自分で対策するしかありません。

登山者側ができる火山対策

山小屋などがあまりあてにならない現状ですから、やはり火山に登るのでしたらヘルメットはしていきましょう。
ヘルメットは噴火のときだけでなく、脚をすべらせて滑落するなどの事故のときの安全対策にもなります。

そしてなるべくゴーグルとヘッドライトを持って行き、身につけておくか、リュックのすぐ取り出せる場所に入れておくとよいでしょう。
ひとたび噴火すると、噴煙などで周辺が見えなくなったり、火山灰が目に入ったりすることもあります。

火山でない山への登山の時も常識ではありますが、下調べは十分に行い、登山届けは絶対に出しておくことも大事です。


ヘルメット、防災頭巾

カートに入れる

便利な災害対策グッズ

災害対策豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」